Polyunus

なんでもやってみたい、駆け出しSEの日記です。

Oldies, be suspicious! 老年よ、疑心を抱け!

5月の更新分として、最終日に滑り込みます。

※以下、気が付けば結構な文章量となりました。

 

最近思うのが、我々は多くの慣習に知らず知らずのうちに縛られているということです。思いつくままに、箇条書きしてみます。

 

・「一家に一台」系家電(ex.テレビ、電子レンジ)

・デジタル一辺倒

ローマ字入力

・主食

スマートフォン

 

1つずつ触れていきます。

 

・「一家に一台」系家電(ex.テレビ、電子レンジ)

私の家では今、テレビの電源コードをコンセントから抜いている状態です。

電子レンジを最近粗大ごみに出しました。

この2つの家電、多くの人の家にはそろっているものではないかと思います。しかし、理由があって我が家では使わなくなりました。

まずテレビですが、これは単純に時間の節約ですね。これまでは起床後すぐに点けて、家を出るまで流しっぱなしにしていました。が、今や朝早起きしてラジオ体操したりプログラミングを勉強したり洗い物をしたりしているので、テレビに目をやる暇が無くなりました。

次に電子レンジは、その危険性を調べてしまったからです。インターネット上の情報なので正確なものかは定かではありません。しかし、「電子レンジは食品の栄養素を破壊する」旨の多数の記述を見つけてしまったのです。どうやら元々化学兵器の技術らしいですね。人を殺す技術を食品に応用しているということでしょうか。

もはやこのブログではおなじみ『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』にも電子レンジは良くない調理法として紹介されています。

そこで、電子レンジをやめました。代わりにほうろう容器を直火にかけて料理を温めることが多いです。 

野田琺瑯 スクウェアM ホワイトシリーズ WS-M

野田琺瑯 スクウェアM ホワイトシリーズ WS-M

 

 

会社に持って行っているタッパー詰めの昼ごはんは、常温で食べるようになりました。おかげで電子レンジの行列に並ぶ時間が無くなりました。

 

・デジタル一辺倒

ここまでITが発達してしまうと、もはやすべてデジタルが良いのでは無いかと思ってしまいます。でも、そんなことは無い気がしています。つまり、デジタルとアナログは一長一短です。

たとえば日記や自分の考えを書くことは、手書きの方が適していると思われます。

なぜかは詳しく知りませんが、手で書くのとパソコンで入力するのには確実な違いがあります。

また、先日気づいたのは砂時計です。コーヒー用のお湯を、適温になるまで1分冷ましたいときに、いちいちスマートフォンを取り出してタイマーをセットするなんていう手間も省けます。かつ、デジタルタイマーよりもアナログ砂時計の方が単純に雰囲気にマッチしますよね。

アナログなので、風呂場など機械には厳しい環境下に置いておくこともできます。これは大きな利点になりますね。

インターネットで検索すれば何でも分かると思いがちですが、本当にそうでしょうか。やってみないと分からないこと、行ってみないと分からない場所など山ほどあります。私の場合は散歩しているときにそんなことをよく感じます。一次体験、大事です。

 

ローマ字入力

これは先日取り上げました。かな入力の方が1.3倍程度速く打てるということです。

ローマ字入力の人ばかりがまわりにいると、「かな入力なんて・・・」とバカにする気持ちが生まれます。私もそうでした。

でも、論理的に考えると分かることなのです。ローマ字入力時と同じスピードで打鍵できれば、入力数の減るかな入力の方が当然速いのです。

これを本で読んだときは常識を打ち砕かれた思いがしました。本当に、慣習とは恐ろしいものです。

現在、なるべく毎朝かな入力タイピングの練習を行っていますが、まだブレークポイントは現れていません。・・・もう少しで壁を越えられると良いのですが。

 

・主食

米、パン、麺・・・料理を出す場で必ずと言っていいほど目にする「主食」ですが、果たして本当に「主」食なのでしょうか。

激しい運動をこの後に控えている、など明確な理由があるなら分かるのですが、「メニューにあるから口に入れる」では思考停止ではないかと思います。

「なぜ必要なのか、これを食べるとどうなるのか」を分かった上で食事しなければ、自分の身体が乱されます。

「米は日本人の心だから・・・」というのは米を食べる理由にはなりません。これこそ慣習に縛られているだけです。

ここも難しいところではありますが、人にはそれぞれ異なる性質があるため自分に合った食事スタイルを自分で考えていかなければなりません。その前においては世間の慣習など何のあてにもなりません。

 

スマートフォン

今の時代、持っていて当然になりましたが、無くても大丈夫な気がします。というよりも昔(スマートフォンの無かった時代)と比べてやはり一長一短なのだと思います。

スマートフォンがあると、誰とでもすぐに連絡が取れます。逆に相手も、自分がすぐに連絡が取れることを暗に期待しているのではないかと思います。こうなると、返事が遅いだけでストレスになったり、返事を早く返さなくてはならないと余計な心配をしたり、面倒ごとが増えてしまいます。

また大きな問題は、「パソコンでやった方が遥かに効率が良い」ことまでスマートフォンで「できてしまう」のです。「できてしまう」→「やって当然」という周りからの期待がかかると、「パソコンの方が効率が良いから自宅でやろう」と思っても「スマートフォンで今やれ」ということになります。

冷静になれば効率が良くて結果的に時間が有効に使えるのはパソコンでの作業なのに・・・とつくづく思います。多分、いっそのことスマートフォン不所持宣言をしてしまえば強制的に効率の良い状況を作り出せるのでしょうね。

 

まとめ

慣習に縛られていると、現状改善のための素晴らしい考えが埋もれてしまうと思います。

今朝も朝の通勤電車で思いました。駅に着くと同時に我先に降りたがる乗客、不機嫌なサラリーマン立ちを見て。

「そんなに満員電車が嫌なら、満員電車に乗らない仕事スタイルを選べばいいのに」と。会社を辞めて独立しても良いですし、早朝出勤でも良いです。とにかく何か現状を脱却する手段を取れば良いのです。それなのに多くの人は慣習に流されて、毎日の行動(それが結局人生すべてに亘るものです)を何も変えようとしないのだと思いました。

 

結論を言うと、まずは疑ってかかることが大事ではないかと最近よく思うのです。

英語とプログラミングの勉強はじめました

気づくと前回更新からもう10日・・・早いですね。

 

■英語

最近、Podcastで英語を聞きながら通勤しています。

 

Hapa 英会話

https://hapaeikaiwa.com

 

まずはやってみようと思い、散歩のときに第1回を聞き始めました。

 

聞いてみると、これが面白いのです。

ネイティブスピーカー2人の会話が流れて、それをリスニングしていくのですが、事前に会話の内容に関する質問が3つ用意されます。

その3つを念頭に置いてリスニングし、最後に答え合わせ&フレーズ説明というものです。

 

楽しいので空き時間(1回分で20分くらい)を見つけては聞きまくっています。

今、第30回の手前くらいまで来ました。

(本当は今までの復習ももっとやらないといけないとは思いつつ先に進み・・・)

 

その結果、かなり聞き取れるフレーズが増えたように思います。

「アキラ」と聞こえてきた言葉が実は「秋田」(秋田犬)だったり、

発見がたくさんあります。

 

現在第140回ほどまでPodcastが公開されているので、継続して学習を続けて追いつきたいと思います。

 

■プログラミング

Pythonの本を買ってしまいました。 

入門 Python 3

入門 Python 3

 

 

友人がおすすめしてくれたこの本にしました。

 

さて、そもそもなぜプログラミングを始めたかというと、論理的思考力が欲しいと思ったからです。

このPythonの本を買う前に、こんな本を読んでいます。 

これを読んで、大学時代にかじった「プログラミング」というものをやり直したい!と強く思いました。

最近はRubyの学習をしていたのですが、それよりもPythonに惹かれるところがありました。

もちろんできることが詳しくわかっているわけではないです。ただ単に「機械学習」とか「業務効率化」という言葉に惹きつけられただけなのです。 

 

新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道

新装版 達人プログラマー 職人から名匠への道

 

 こんな本も買っちゃいました(読み途中)。

まだまだ初心者にすらなれていないプログラマー(職業という意味ではなくプログラミングをする人という意味)ですが、この本には大切な考え方がたくさん載っています。

何よりユーモアがあって読むのが楽しいです。

 

Pythonを使って日々のタスクを効率化できれば素晴らしいなと思いつつ、入門してみます。

 

■まとめ

英語とプログラミング、共通しているのは世界で通用するということです。

これがあればコミュニケーションの助けになる、という共通言語獲得のため、頑張ります。

15年ぶりのタイピング練習

昨日から、小学校以来15年ぶりにタイピング練習をしています。

 

なぜそんなことをするのかと言うと・・・かな入力を身に着けるためです。

 

先日読んだ『最速の仕事術はプログラマーが知っている』という本に書いてあったのですが、日本語の文章を打つにあたって、かな入力はローマ字入力に比べて効率が3割上がるらしいです。

 

なぜなら打鍵数が少なくて済むからです。

 

・・・理屈から言えば確かにそうなのですが、実際にかな入力で素早くタイピングする姿が思い描けなくて半信半疑でした。

 

しかし、インターネットで検索してみればそんな情報がちらほら出てきました。

 

かな入力のタイピング練習Webアプリまで見つかりました。

 

e-typing

https://www.e-typing.ne.jp/kana/check/

 

なんだか新しい脳の回路ができていくようで、単なる効率以上に良いことが起こってきそうな期待ができます。

目標

最近また一つ歳を取りました。

 

長大な目標を掲げると失敗しそうなので、「新しい歳だから!」と張り切ったものではなく、目標を考える時期がたまたま誕生日周辺に被ったと考えて小さく意識しておきます。

 

・自制心を鍛える

長期的に見て最適な選択をしていきたいですね。目先の欲に振り回されるのではなく。

たとえば血糖コントロールです。寝る前に血糖値を測ることがあまり無いのですが、それは単に面倒だからという程度の理由です。長期的に見れば絶対に測った方が良いです。

たくさん飲み食いして予測不能になった血糖値を、見直すことは大切なのです。

 

・もらうよりも与える

かねてより内向的な性格ではありましたが、打ち破っていきたいです。

もっと多くの情報を発信して、たくさんの人とコミュニケーションを取ることを目標にします。

手短なところで、まずはSNS上での本の感想シェア・書評・レビューから始めてみます。

 

・何事にも疑問を持つ

この1年間でだいぶ生活面が改善されましたが、まだ非効率的なところはあるはずです。

毎日の繰り返し(ループ処理)の一部をループ処理の外に出すことができれば効率化できます。そのためには毎日の繰り返し=当たり前になっていることに疑いの目を向けることが必要です。人間の性質上難しいことは承知の上で、見直せる部分は見直していきたいです。

攪拌

 

 

この商品を買ってからというもの、色んなものを混ぜてきました。

ほうれん草、小松菜、人参、オレンジ、バナナ、ヨーグルトを任意の組み合わせでスムージーにしたり、ほうれん草や小松菜に青唐辛子なども加えてサグカレーペーストを作ったり、米粉パンケーキの生地を練り合わせたり・・・

 

ですが今朝、今更の発見がありました。

先日の記事でも登場したデイヴ・アスプリー著『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』に出てくるバターコーヒーをこれまではスプーンで混ぜて作っていたのですが、

 

実はそれでは脂肪分の効率的な吸収ができていなかったようなのです!

 

バターとコーヒーがしっかり混ざると、「ミセル」と呼ばれる状態になります。

 

これまで作っていた手作業バターコーヒーはミセル状態になっていなかったのです。

この度MQ535を使って混ぜたところ、5秒足らずで完璧なミセル状態になりました。

味も以前よりまろやかでとてもおいしくなりました。

 

これは明日から朝のバターコーヒーの量が増えそう・・・。

 

ちなみにMQ535付属の軽量カップ(?)では現状300mlぐらい飲んでます。

もっと量を増やすとなるとコーヒー淹れるのが大変そうです。

 

(どうでもいい話)

「攪拌」って高校のころに初めて出てきて元の読み方が「こうはん」だということまで調べていたのですが、誰もそのように読まないどころか今や「かくはん」でしか変換できないのですね。